トラベルプランニング 2014 #D14

こんな仕事をしていながら、実は私は旅行にめったに行かないと来ている。
イギリスの大学に在籍していた数年間も、オットも私も勉強に忙しいのと貧乏なのとで、旅行はスコットランドやロンドン、北イングランド周辺くらいまでしか行かなかった。ガリ勉でもなければ優等生でもない。むしろ、それだけ人一倍時間を費やさないと追いつけなかっただけだ。でも旅行に行かなかったのはそれだけじゃなくて、結局私もオットも最終的にはインドア派だ、ということ。

よく、旅行の一番の楽しみは旅行の計画を建てること、というけれども、私は実は旅行の計画をたてるのが一番苦手だったりする。
楽しい、と思ったことはほとんどなくて、あれもこれも色々調べて予約いれたり予定を組んだりしなければならないのがむしろ苦痛だった。一番苦痛なのは、当然ながらフライトなど実際の旅行における移動であることに変わりはないけれども。

そんな私が、今年はできるだけ家族で旅行に出かけたいと思って、今日はちょっとワクワクしながらあれこれ調べたり、問い合わせメールを送ったりしていた。あまりに珍しいことで、これはひょっとするとひょっとして天変地異でも起こるんじゃないか、という勢い。いや、本当に起きるかもしれない。そういう意味でもやっぱり実家のある静岡、ひいては日本に行ったりするのは危険かもしれない(ぉい。

ここ数年間、ずっと、いろんな意味で低迷していた分、せめて今年は散々心配と迷惑をかけた家族に恩返しできますように。
一緒に、楽しい思い出作りがたくさんできますように。

20140110-223005.jpg

さよなら、Jack #D10

Jackが死んだ。義弟と義父が可愛がっていた、ジャックラッセルテリアのジャックは、今年19歳になるはずだった。

若い頃は気が強く利かん坊で口が早く、甘やかされていたせいで噛みぐせのある仔だったけれど、年をとってからは随分と穏やかになり、最近はすっかりいいおじいちゃん、という感じで、86歳になる義父が目に入れても痛くないように可愛がっていたジャック。加齢による腎不全と、それに付随する臓器不全だったらしい。

先週末義両親宅で会った時にも、最近食欲が落ちて、今日はほとんど食べてない、と言っていた。でもその時撮ったこの写真が、最期になるとは、まだ思っていなかった。

今日はちょっとイイコトがあっても全くテンションが上がらず、ずっと落ち込んでいた自分にイライラしていたのだけど、もしかしたら、今夜のこれを何処かで予期していたのかもしれない。・・・いや、それは単なる思い込みだよね、きっと。

20140108-224811.jpg

念願の天体望遠鏡が来た #D8

子供部屋のベランダに、念願の天体望遠鏡第一号を設置した。今夜は夜空が晴れてるので、月が綺麗に見える。月の表面が大きくクローズアップではっきり見えた。

あいにく、長男はすっかり眠りこけていたので見れなかったけれど、ぐずぐず起きてた次男が一緒に月初観察w

ちなみにこの記事の写真は、真っ暗な部屋の中でiPhone5で撮影したもののため粒子がかなり粗い。

20140107-223218.jpg

オーガニックの大豆料理専門店に挑戦・・・ #D7

オフィスすぐそばに新しくオープンした、オーガニックのソヤビーンズ(大豆)料理専門店。メインの料理も飲み物もデザートも、全てソヤ製。中に入ったら、まさにソヤの匂い(笑。同僚たちと試してみたのだけど、ソヤ製の割りにはどれも味が濃い様子だったので、私は水餃子スープだけにしてみた。・・・まぁ、不味くはない。だが美味しいからまた来よう!・・・となるほどでも正直ない。ちょっと今日はまだ喉が痛くて食欲がなかったので、次回またリベンジしてみよう・・・。

20140107-222052.jpg

デスクはスタンディングに限る

実は、今年脊椎手術で入院、その後三ヶ月に渡る療養期間に入るまで、オフィスでは机の高さを調節して、スタンディングデスクに切り替え可能なデスクを使っていた。椅子もエルゴノミクスチェアだったので、昔からこういうセッティングで仕事してたなら、おそらくここまで酷い腰の壊し方はしなかったのだろうと思うけれど、まぁ仕方がない。

それが、入院中の座席配置変更で、いざ復帰してみたら、デスクの高さが変えられない普通のデスクに座席が変わってしまっていた。せっかく脊椎にチタンのインプラントを入れて、やっと苦痛なく立っていられるようになったというのに(以前は腰椎の神経を破損しすぎて右足が完全につま先まで神経痛でやられ、腰も筋肉が完全になくなって激痛のせいで背中が歪んでしまっていたので、杖をついていても一時間と立ったままで継続的外出していられなかった。杖なしでは、片道五分の所へすら激痛なしに歩いていくことが出来ないようになっていた)そりゃあないよ〜(´Д`) ・・・ということで、リハビリのセラピストのレターを添付して座席の再配置をリクエストしたところ、同僚たちが協力して席を譲って都合をつけてくれたおかげで、スタンディング機能付きのデスクに戻ってくることができた。

おかげで今日は、相変わらず風邪気味状態で体調が完全には回復していないにも関わらず、ほぼ一日中立った状態で(もちろん時々歩いたり座って一休止いれることはしたけど)仕事ができて、腰的にはかなり快適に過ごすことができた。これもそれも、理解ある同僚たちの協力のおかげ。感謝感謝。

20140106-223500.jpg

新年早々の風邪っぴき #D6

新年早々風邪ひいた上に、早速病欠で午後半休、それが本日の達成事項(溜息。しかし今更無理しても身体がついてこないのはもう散々分かり切ってるので、クリニックで薬をもらって大人しく帰宅した。そしてふて寝。今回の風邪は喉を攻撃するらしく、すぐに喉の痛みが戻ってきて、浅い眠りから覚めてしまったけど。回復したら、息子たち家族もまとめてインフルエンザの予防接種受けようと今更ながら思ったわ。

DSLR と iPhone 5 で撮影した薔薇の花 #D4

20140104-194131.jpg

庭先に咲き初めた小さなピンクの薔薇の花。iPhone、Olympus OM-D、Canon EOS 20D でそれぞれ撮影。写真熱、戻ってきている。ちなみに、上の写真はなんと iPhone 5 の内蔵カメラで撮影。

20140104-194341.jpg

こちらが Canon EOS 20D。このカメラが一番好きなのだけれど、やはりいくらDSLRとはいえ、もう10歳くらいで、しかも扱いが雑だからだろうか、画像として見た時に iPhone と比べてあまり DSLR らしさが出ていない。撮影していた時には、さすが DSLR、と思ったのに何故だろう。

20140104-173835.jpg

スイカエキスが喉に効く!?【三金西瓜霜喉片】

最近特に体調を崩すようなことをしたわけではなかったのだけれど、手術から優に三ヶ月ぶりにオフィス出勤してフル勤務を始めただからろうか、それとも、やはり師走の忙しさでひそかに体に負担がかかっていたのか、いや多分ぶっちゃけ、オフィスのエアコンがキンキンに効きすぎてて、エアコン無い生活に慣れてた私の体があまりの寒さに吃驚仰天しただけだと思うのだけど、出勤二日目の昨日、オフィスについてしばらくしてから喉がガラガラ言い出した(長い!!)。

しかもその後「負けるもんか」と、予定通りにランチ時間にプールに行って泳いだりしたのが余計悪かったらしい。帰宅してすぐに風邪薬の「ルル」を飲んで休んだのに、今朝起きたら喉のガラガラがひどくなって、体も節々がみしみし言い始めていた。ここまで書いて、正直自業自得だろう、と自分でも思う。

しかもそこまで悪くなっているのに、毎週末の週間で、オットと息子たちを連れて義両親と義弟のコーヒーショップに顔を出したところ、どうやらオットから予め「嫁さんの体調が悪い。喉が痛いと言ってる」とでも前情報が入っていたらしい。到着したとほぼ同時に、義弟から「喉痛いならこれが効くから飲んでみな!」と、なにやら緑色のラッパーに包まれたトローチを1セット手渡された。

Read More…

Olympus OM-D、生還 #D3

メインの今日の達成(フィットネスクラブ復帰)はすでに書いてしまったので、あえてもう一つ書くとなると・・・OLYMPUSシンガポールに入院させてた Olympus OM-Dが、無事直って戻ってきた(というか、取り戻しに行ってきた)ことだろうか。液晶スクリーンを真新しいのに取り替えてもらえたので、早速明日、連れ出して使ってみたいと思っている。その結果についてはまた。

20140103-212453.jpg

金融街ラッフルズのプールからの眺め

昨年後半にテキメンに腰の容体を悪化させてから、ずっと足が遠のいていた、オフィス近くのフィットネスクラブ。今日、優に一年以上ぶりに復帰してみた。フィットネスクラブとはいっても、私が利用する設備はここのプールだけ、なのだけど。

このクラブは、シンガポールの金融街ラッフルズ(シェントンウェイともいう)エリアにあるビジネスオフィスビルの5階にある。プールは半屋外になっているので、トップに掲載したような、他では見られないパノラマ展望が楽しめるのも魅力の一つ。この写真には映ってないけれど、右側にはシンガポールフライヤーもはっきり見える。

オフィス街のど真ん中にあるクラブということで、ランチ時間はエクササイズに熱心なオフィスワーカーの常連たちで賑わう。ランチど真ん中の時間帯は、プールも結構芋洗い状態になると分かっていたのだけど、早く出そびれて、結局5人のムキムキマンたちと一緒に泳ぐことに…。西洋系の彼らはガタイがイイから、少人数でも結構幅をとってしまうのだ。彼らの殆どがフリースタイル(クロールのこと)なのが唯一の救い。

ちなみに、このクラブの屋内には筋トレ機器やトレッドミルのようなエアロビクス系のマシンが所狭しと置かれていて、グループセッションのクラスや、トレーナーとの個人トレーニングも受けられるようになっている。更衣室には、シャワーやトイレだけでなく、サウナルームもついている。ヨガやピラティスのクラスもあるので、挑戦してみたいと前から思ってるのだけど・・・いやいや待て待て。先走って無理するのは良くないので、とりあえず今月は穏便にプールに定期的に通うようにしよう。ただ、このプールにくると、必然的にランチがクラブ真下の SaladStop! になってしまうので、ランチ代がホッカーより嵩むのが痛い。

Next Posts